カテゴリ:映画・テレビ( 29 )

文豪の宿




テレ朝の「かりそめ天国」で
文豪が泊まった宿を紹介していた。
細川たかしさん、…じゃなくて
お笑い芸人のレーザーラモンRGさんが
そこでネタを考えて、披露するというのを
やっていた。



紹介された宿は3つ。
島崎藤村が泊まった宿と
太宰治が泊まった宿と
小林多喜二が泊まった宿。

宿の雰囲気も、当時を語られる様子も
RGさんのネタ披露も、ヨカッタ。
当時宿の人が太宰だとは知らず、なんか変わった人
が泊まってた、と言われたのには、笑ってしまった。




最近、テレビはあまり見ないけど。

これは、
なんだろ、
理屈では説明出来ない
不思議なカタルシスを覚えた。







[PR]
by sonarjuego34lindo | 2018-08-07 21:32 | 映画・テレビ | Comments(0)

黒澤明監督作品



映画を
見たいなと思ったとき、
監督名で見る場合があります。


好きな監督さん、けっこういますけど、
その筆頭は、やっぱりクロサワさんかな。


キタノさんと同じく、
映像と言うか、画と言うか、
が好きなんです。
ご自分で絵コンテなんかも描かれていたそうで。

音楽とか効果音もいいですねーー♪


15年ほど前、旅先で。
「なにか他に観光するところないかな~」
と地元の観光案内を見ていたら、偶然、
黒澤明記念館に出会いました。
そこで、絵コンテとか直筆を見れて、
映画同様、太くありながら、繊細、な感じで
見入ってしまいました。
そこで、若きルーカスみたいな欧米人青年が
1人、ずーっと熱心に見ておられたのも、
印象に残りました。


私も映画ではないけど映像、
ちょっとやってみたいくなりました。(;'∀'))





[PR]
by sonarjuego34lindo | 2018-02-28 11:33 | 映画・テレビ | Comments(0)

Mr. Boo シリーズ




小学生の頃、
「8時だよ!全員集合」と
途中で、「俺たちひょうきん族」を
見るのが、好きだった。
土曜の夜にやってたので、
なんとも言えない開放感でもって
大笑いして見てたなぁ。。



そんなお笑い好きの私が当時流行していた
「Mr.Boo」シリーズ、ホイ三兄弟主演の香港のコメディ映画
を見逃すわけがなかった。

この映画も、「土曜日」のイメージがアリマス。
映画館へ見に行ったのも土曜日のお昼から、だったし、
テレビで放映された時も、土曜日のゴールデン洋画劇場、
だった。(と、思う。ここらウロ覚えです。(;'∀'))

その時の、
マイケルの吹き替えは、広川太一郎、
サミュエルのは、ビートたけし、
リッキーのは、ビートきよし、さんたちだった。
最初は、「え?サミュエルの声がたけし?」と
思ったけど、見ていくうちに、だんだん合って
くるもんなんですねー。


ソーハーソーハージャイメイッサイひドウホユワンヨッウォンダァイダイジャイメイチョッサイドウホユワンヨッウォンダァイダ





[PR]
by sonarjuego34lindo | 2018-02-27 12:01 | 映画・テレビ | Comments(0)

植木等さん主演映画





昔の映画は、
オールスター勢揃いって、
感じのする作品が多いような。。

今でいうと、タモリ・たけし・さんまのビッグ3に
ダウンタウンとかマツコDXとか、が一緒に共演、
のイメージ、かな?


この時代の大らかな空気感と風景が好きです。
なによりも、植木等さん!

面白い人は、神だ。(笑)




※あくまで個人の感想です。(^^ゞ








スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る

[PR]
by sonarjuego34lindo | 2018-02-14 12:24 | 映画・テレビ | Comments(0)

「 菊次郎の夏 」



1999年。北野武監督作品。
もぅ、19年前の作品になるのかぁ。。
今見ても、色あせず、私の心に響いてくる。


ストーリーは、簡単に言うと、
少年が遠く離れて暮らしている母に、
近所のおじさんと一緒に会いに行く、という話。


1年の中で何月が好きですか?
と聞かれたら、私は迷わず、7月!と答える。
あの、夏休みが始まるぞ~♪な感じが好き。

この映画を見ると、私は小学生の頃の
キラキラしていた夏休みを思い出し、
そして、一番仲が良かった友だちを思い出す。
彼女もまた、少年と同じ境遇だったから。



キタノ作品は、映像が特に好き。
キタノ・ブルーと呼ばれているけど、
この作品は、明るい空色とひまわりの黄色、
の水彩画、な印象が残った。











スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る

[PR]
by sonarjuego34lindo | 2018-02-04 13:34 | 映画・テレビ | Comments(0)

《《《 未知との遭遇  》》》




私にとって、
70年代は宇宙時代、でした。
或いは、
夢見る空想家時代でもありました。


私が持っていた宇宙人を描いた本。
金星人は、なぜか地球人と変わらない、
ナイス・バディのブロンド美人でした。
 

小学生からの、宇宙人オタクのノリで
中学は、天文気象部に所属しました。
ですが、天気図ばかり描かされてました。
宇宙人研究はありませんでした。(;'∀')
天文学、気象学、と言うより、これは
物理学、でしょうか?いずれにしても、
私には難しい…。



去年、或る事象のレポートを、
或る雑誌に投稿しました。
採用されなかった~、と思っていたら、
・・・採用されてました!
嬉しかったです♪(*´▽`)


冬は寒いけど、星空が綺麗。
あったかくして(完全防寒で)
宇宙人を真面目に呼んでいた
宇宙(子ども)時代を思い出して、
たまには、夜空を見上げてみたい
と思いました。



この映画は、深いと思います。(-_-)







スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る

[PR]
by sonarjuego34lindo | 2018-01-29 21:45 | 映画・テレビ | Comments(0)

R&B パンタロン 温故知新



昨夜、なにげに見ていたテレビで
日本で一番知名度が高い人
ランキングをやってました。

1位は、タモリさん♪
2位は、和田アキ子さん
でした。

そう言えば、
以前、「ミュージック・フェア」の
特集で、懐かしの映像を紹介してました。
その時、若い頃のアッコさんと
サム&デイヴが歌の共演をしていたのを
見て、オドロキましたー。あのS&Dと、
共演してたんだ!?、と。そして、
アッコさん!引けを取らないどころか、
もしろサムたちが圧倒されてました。(;'∀')

やっぱり、アッコさんはR&B歌っている時が、
カッコイイな。パンタロンも似合ってた。

当時の司会者の長門裕之・南田洋子夫妻も
子どもの頃に見てたときはなんとも思わなかった
(わからなかった)けど、
今見たらカッコよかったです。

私もけっこう背が高い(161センチだけど)
ので、アッコさんの大女の可笑しみ哀しみには
ちょっと共感ですよー。


パンタロン、流行ってたので、
子どもの頃、着てたなぁ。。






[PR]
by sonarjuego34lindo | 2017-11-02 12:37 | 映画・テレビ | Comments(0)

黒澤映画 『デルス・ウザーラ』



朝夕は涼しくなりました。

秋と春には、
たまには傾斜のあるところも歩かねばと思って
小学生でも登れる、ちっさな山ですが、
登ります。

山に登る前に、山に向かって手を合わせ、
一礼して登ります。特にそういう信仰がある
というわけではありませんし
たまに忘れることもありますが。(^^ゞ
そういう気持ちはあります。
要するに、小心者なんですね。


…と、ここで思い出したのは、
黒澤明監督作品で1975年初公開、
日本・ソ連合作映画「デルス・ウザーラ」。
この映画は、見る人によって
いろんな感想が出てくる映画だと思いました。

私は、
人知のおよばないもの、自然などに対する、
畏敬の念は必要だなぁ、との感想を持ちました。
男同士の友情の美しさも感じました。
主人公の「キャピターン!」と言うセリフが
耳に残りました。


米アカデミー外国語映画賞も受賞しています。
良いものとかテーマは、東西関係ないですね。







[PR]
by sonarjuego34lindo | 2017-09-13 21:46 | 映画・テレビ | Comments(0)

ごく個人的な映画への招待状


誕生日。

ま、この年になりますと
特に盛大なパーティもすることもなく。
(やったことないけど。)(;'∀')
 

映画のDVD見たり、You Tubeを見て、
自宅で静かに映画パーティをした。


空想の中で、
私は映画プロデューサーだった。

3人の映画監督を自宅にお呼びした。


1人は、スティーヴン・スピルバーグ監督。
1人は、北野武監督。
1人は、ナイト・シャマラン監督。

今回は、この監督さんたちにやっていただくことにした。


主演は、マツコ・デラックスさん。
ストーリーは、デラックスさん扮する松子が、
異父姉妹を探す旅に出る、ロードムービー。
コメディ娯楽大作、の路線で
あとはご自由にと、お願いした。





※ナイト・シャマラン監督、5月に来日されてたんだー。
知ってたら、行ってたのに~。みんなどうやって来日情報知るんだろう。











[PR]
by sonarjuego34lindo | 2017-09-07 12:36 | 映画・テレビ | Comments(0)

プリンス / サイン・オブ・ザ・タイムス




ちょっと前になりますけど、プリンスのドキュメンタリー映画
「サイン・オブ・ザ・タイムス」が地元で上映されました!!
まさか、地元で上映されるとは思っていなかったので、おどろきました。
私の熱い思いが通じたのでしょうか!?(笑)

もぅね、迫力の画面にサウンド☆
やっぱりプリンス、ギター上手いわ。
思わずエア・ギターしそうになりました。(^^ゞ
コンサートに行った感じになりました♫


同じプリンスファン、どんな人が来てるのかな~?と
親しみを持って、場内を見回したら、様々な年齢層に
男女半々といった感じで、欧米のかたもチラホラと
見かけました。

上映終了後、私の前にいた20代くらいの男性二人が
「よかったね」「うん」「誘ってくれてありがとう」
と感想を述べあっているのが聞こえてきました。
その素直な瑞々しい感受性に、これまた感動したのでした。








ところで、
マーティン・スコセッシ監督、遠藤周作氏原作の
映画「沈黙」がようやく公開されます。
アル・パチーノ演じるサルバドール・ダリの映画
はどうなったんだろう。
どちらも見たいです。(^O^)/









[PR]
by sonarjuego34lindo | 2016-10-22 22:27 | 映画・テレビ | Comments(0)