〖 山頭火ふるさと館 〗

d0317481_12354069.jpg






















そぼふる雨の中。

漂白の俳人、種田山頭火の
ふるさと=防府に「山頭火ふるさと館」が
出来たということで、昨日行ってみました。






d0317481_12413309.jpg
























玄関で、山頭火さんがお出迎え。(´▽`)


私が最初に山頭火の名を知ったのは、テレビドラマだったかと思います。
旅館かなにかを営む少年の家に、「山頭火先生がやって来る~」
と句をやる少年のお父さんがワクワク♪してるのに対して、
お母さんは…(;'∀')はぁ?って、感じでした。句会の様子とか
そこだけが印象に残ってます。ドラマはウロ覚えですが…。(-_-;)


館内は、山頭火の生涯と歴史的背景がわかりやすく説明してありました。
山頭火の日記や書も展示されていて、文字もなかなか自由でした。




d0317481_13055457.jpg


















閉館時間まで、いました。




d0317481_13113060.jpg


















近くには、天満宮もあり、風情のあるお食事処もありました。


ビートたけしさんがテレビで、
俳句も短歌も、5、7、5と5,7、5、7、7と素数から
なっていて、足しても素数。だから、すごいんだよ、と言ってました。

素数は、1と自分以外には割り切れない数字。

なんだか深いですね。(-_-)

割り切れない人の世を表しているんですかねー。。
山頭火の句は、これから外れてますが。

数学者のかたの作った句、ってどんなんだろう、と
フト思いました。






[PR]
# by sonarjuego34lindo | 2017-10-16 13:49 | 日々のこと | Comments(0)